PikaCycling

Raleigh CRAとDAHON routeを買ったばかりのサイクリング初心者。ポタポタとポタリングを楽しもうと思っています。

2021城岱ヒルクライム(中止)

城岱ヒルクライムは中止になりました(泣)


サイクリングシーズンも始まって最初のイベントとして期待していた城岱ヒルクライムだったんだけど、雨脚が強すぎて中止になってしまった。

自分が車で近くまで行ったときには土砂降りで、集合場所の七飯町役場には関係者と思しきひとたちがカッパ姿で顔を寄せ集めているのを見かけて、
「これはやばいかな~」
と思って一旦スルー。
駐車場でツイッターをチェックして中止の報を知った次第でした。
それにしても、途中で雨具を着込んだローディとすれ違ったので(しかも下半身はふくらはぎ丸出しのレーパン!)、気合入っているなあ、と気の毒になってしまった。

これで、去年の秋のチャレンジランから連続で中止。
いっそお祓いに行ったほうがいいじゃないかな(汗)

というわけでレース後に入る予定だったしんわの湯で温泉に入ってゴロゴロとした後に、新函館北斗駅へと向かった。
新幹線に乗るつもりはないんだけど、駅に隣接する酒屋さんは観光客狙いでかなりマニアックなラインナップをしているという噂を聞きつけて寄ってみる予定だった。
syuho-inamuraya.com

すると噂通り、新しく函館に酒蔵を作る予定の上川大雪酒造さんの「五稜の予感」が在庫してあったので早速購入。
f:id:PikaCycling:20210503184612p:plain
これがめっちゃ美味しい。
道南産の酒米を使ってるんだけど、甘すぎず、でもしっかりと味が濃くて、だけどくどくないという絶妙なバランス。
口の中で微炭酸が弾ける新鮮なお酒で、しかも4合瓶で1,320円とお求めやすいお値段。

日本酒は結構好きで日本各地の地酒を色々と買っていたんだけど、最近は北海道の日本酒がみるみる美味しくなっている気がする。
札幌の「直営千歳鶴」で飲んだ日本酒が美味すぎて、ちょっと価値観が変わってしまった。
これまでは函館と弘前がコラボした「ガスバリ」という日本酒を好んで飲んでいたんだけど、これからは上川大雪酒造にシフトしてもいいなあ。

ここで稲村屋さんの店内まで時間が戻るんだけど、お目当ての日本酒を見つけてウキウキしていたら、日本酒だけでなくワインやウィスキーも珍しいものがラインナップされているようだった。
ワインについてはよくわからない(ガストのワインでも美味しいと思う)けれど、蒸留酒についてはちょっとうるさかったりする。
ニッカのセッションなんかも良さそうだったんだけど、棚をまんべんなく眺めていたら、なんと紅櫻蒸溜所のジンがずらりと並んでいるじゃありませんか!

www.hlwhisky.co.jp

これは札幌にある紅櫻公園内にある小さな蒸留所で、出張のついでに見学に行くほどの大ファンだったりする。
そのときに「これからは期間限定のジンも出していくよ」と言われていて、コロナもあったりしてなかなか行けないでいるうちにいつの間にかこんなにたくさん出ていたんだ……、と感慨にふけってしまった。
通常のジンの他に、ホップを漬け込んだ「富良野」、桜を漬け込んだ「桜」、紅櫻公園のカエデを使った「紅櫻」が並んでいて、とりあえず「桜」をチョイス。

桜の香が甘く漂ってきて、春らしいジンに仕上がっている。
オススメはロックということだけど、ソーダと1:1くらいで割ると口当たりもよく甘みもまして美味しい。
これは1本5,000円もするので、少しずつ飲んでいくことにしたい。


稲村屋はお酒の販売だけでなく、立呑もやっているので観光で函館を訪れて新幹線で帰る人にもぜひ寄ってもらいたいお店だった。
そんなこんなでヒルクライムに出るつもりが温泉に入って酒を買ってのんべんだらりと過ごしてしまったので、反省とともにZWIFT。
f:id:PikaCycling:20210503185411p:plain
一時間半乗って獲得標高も600mくらい稼いだので許された。
やっぱり家にスマートローラーがあるといいね。

4月2週・3週のZWIFT記録

いよいよ恐れていた通り、リアルライドが増えるにつれてバーチャル世界から足が遠のいてしまうようになった。
単純に、大沼が寒くて鼻風邪気味だったというのもあるけど。

ZWIFTはすぐ尻が痛くなるから長時間乗っていられないけれど、リアルライドは何時間でも乗っていられるから楽だと思っていたけれど実際はそうでもないみたいだ。
バーチャルは基本的に足だけ動かすものだけど、リアルだと腕も腰も首も使う全身運動なので、バーチャルに比べて疲労の蓄積が大きいのかもしれない。
そうなるとZWIFTする機会はこれからもっと減るだろうし、月額課金も馬鹿にならないので5月を目処に一時休会しようと思っている。

日付 ワークアウト 走行距離
4/10 大沼湖畔水芭蕉ライド 79km
4/11 TOW Stage 3: Longer Ride 42.8km
4/14 TOW Stage 4: Shorter Ride 26.8km
4/18 TOW Stage 4: Longer Ride 42.7km
二週間の合計 191.42km

4月10日

この週はちょっと風邪っぽかったので週末のために体を休めて、満を持してのリアルライドとなった。
f:id:PikaCycling:20210502135816p:plain
月から金まで一度も乗らないとなると、課金をためらいたくなってしまう。

4月11日

そうは言ってもTOWは全部クリアしないともったいないので、日曜日はステージ3をクリア。
f:id:PikaCycling:20210502140109p:plain
しかし火山にもだいぶ飽きてきたなあ。

4月14日

ステージ4はマウンテンバイク用のコースなのか、遺跡の中を駆け巡るのが楽しかった。
f:id:PikaCycling:20210502140422p:plain
モチベーションの低下はコースに飽きてきたというのが一番大きいかもしれない。

4月18日

日曜日には新ステージが追加されるだろうと適当にログインしたら、間違ってステージ4のロングコースに入ってしまった。
時差があるから15時から新しい週が始まるんだよね。
f:id:PikaCycling:20210502140603p:plain
無駄に1時間半も走らされて心が折れかけたけれど、ルート完走できたのでまあ良しとしたい。

大沼湖畔水芭蕉ライド

ようやく北海道も春めいてきて、週ごとに走行距離を伸ばせている。
ニュースでは大沼公園水芭蕉が咲き始めたというので、そろそろ雪もないだろうと判断し、車にロードバイクを積み込んで出かけることにした。

そういえば最初にスマートトレーナーを買うときは、ダイレクトドライブ方式はチェーンを付け外しするのが面倒だと思ってたんだよね。
だけど実際にやってみたら全然簡単で、結局は慣れなんだな、と分かった。
輪行と違って、フロントをインナーに落としてしまえば簡単に外れるし。
横着をしてタイヤドライブ方式にしないで本当によかった。

後輪を装着して、自動車に積み込むときに今度は前輪を外して、という手順がめんどくさいといえばめんどくさいけど。

新外環状線が最近開通したため、函館市内を抜けるのが格段に楽になったのはラッキー。
大沼公園自然公園財団駐車場も去年に引き続いて無料開放中なのもラッキー。
おとといに雪が降ったのでちょっと心配だったけれど、大沼湖畔は雪も溶けて快適な路面状況。
f:id:PikaCycling:20210502133712p:plain
風は冷たいのでまだ冬支度が必要だけど、天気はいいので好調に走ることができた。
しばらく走るとJリーグの合宿所にもなっているトルナーレが見えてくるのでそこから脇道へ。
f:id:PikaCycling:20210502133728p:plain
このあたりがミズバショウの群生地になっているのだけど、まだちょっと時期が早かったかな。
f:id:PikaCycling:20210502133743p:plain
新聞に出てたと思われる場所こそ咲いていたけれど、まだ茎だけの湿地も多く、来週くらいが見頃だったかもしれない。

その後ぐるっと一周して、大沼公園鹿部線へ。
どうせならどんどん寄り道してみようと思い、駒ケ岳の登山路へも入っていった。
が、延々と山道を越えた先には無情にも通行止めの柵が。
f:id:PikaCycling:20210502133819p:plain
意外とここまでしっかり舗装されていて、下りはガタガタだから怖いけど登る分にはまあ面白いし、途中でエゾリスを見かけたりもして楽しかったのでまた今度チャレンジしてみたい。

その後は森町を抜けて砂原のセブンイレブンで朝食を。
f:id:PikaCycling:20210502133842p:plain
北海道民あるある『「北海道産」と書かれたものを買いがち』w

ここから先は風も強いし疲れも出てきたので、ひたすらペダルを漕ぐだけの人になって無心で進む。
写真を撮ったり周りの風景を楽しめるのは序盤だけだね。
f:id:PikaCycling:20210502133902p:plain
あとはもう、とにかくゴールを目指すだけである。

だいたい昼ごろだったので、途中にあったランバーハウスというステーキ屋さんでハンバーグ定食をいただいた。
f:id:PikaCycling:20210502133927p:plain
ハンバーグ自体は割と普通。
すぐ近くにケルンという名店があるので、そこと比べるとインパクト不足かな。
ただソースが美味しいのと、付け合せの野菜が多くてヘルシーなのは好印象。


関連ランキング:ステーキ | 池田園駅


という感じで、今回のRelive。

100kmいかない程度のゆるポタだったけど、寒さのせいか体力の消費が激しい。
これからブルベのシーズンになるけれど、去年の秋に初めて走った時に比べて体力が落ちているようでちょっと心配だ。
これが寒さだけのせいならばいいんだけど。

4月1週のZWIFT記録

外で長い距離を走ると5,000とか6,000とかものすごい量の㌔㌍を消費するんだけど、むしろ体重は減らない気がしてしまう。
消費した分走りながら食べるから、という理由だけではなく、もちろんライド途中で美味いものを食べるせいもあるし、それに何より、帰宅してから飢えた体が栄養を求めてドカ食いしてしまう、というのが一番の原因であろう。

でもまあ、わかっていても辞められないというか、美味しく食べられる(しかも太らない)というのが人生の楽しみの一つであるので体重のことは考えないことにしたw
体重も気が向いたときに測るだけになったので、記録が途切れ途切れになってしまった。
腕時計かなんかでオートで体重を測れたら便利なのになあ。

日付 ワークアウト 走行距離 体重
3/29 Ride with Pride 31.6km 70.0kg
3/30 TOW Stage 1: Shorter Ride 22.7km 70.0kg
3/31 TOW Stage 1: Longer Ride 29.4km 69.4kg
4/1 (休息日) -km 69.7kg
4/2 TOW Stage 1: Longer Ride 29.3km 69.5kg
4/3 函館市ヒルクライム 71km 69.1kg
4/4 TOW Stage 2: Longer Ride 39.5km 70.9kg
一週間の合計 223.75 km *+0.9kg

3月29日

LGBTQI +の支援のためのグループライド。
f:id:PikaCycling:20210502130009p:plain
レインボーなジャージをもらったけど、着る機会はあまりないかな……。
性多様性に対応するというのなら、ZWIFTのアバターも性別関わらず好きなのを選ばせればいいのにな、と思う。
日本で流行らせようと思うのなら、アニメのキャラやVTUBERアバターなんかも増やしてみるというのはどうだろうか。

3月30日

ZWIFTが新しいイベントを始めたので早速参加。
f:id:PikaCycling:20210502130230p:plain
やっぱり人が無闇にたくさんいるグループライドは楽しい。
様子見でショートコースを選んでみたけど、案外早く終わったので次回はロングコースに挑んでみることにした。

3月31日

というわけでTOWステージ1のロングコース。
f:id:PikaCycling:20210502130420p:plain
1時間未満でクリアできてちょうどいい長さ。
新イベントはとにかくたくさん人が走っているところがいい。
人が少ないグループライドは過疎ってる感あるので、botでもいいから賑やかしを増やしたほうがいいんでないかな。

4月2日

この週は調子が良かったので、調子に乗って休息日を挟んで再びTOWを。
f:id:PikaCycling:20210502130641p:plain
とにかくこのコースは坂が少ないのが良かった。
レーニング的にはいいかもだけど、ヒルクライムはバーチャルよりもリアルの方が楽しいし。

4月3日

というわけで土曜日は市内のヒルクライムスポット巡り。
pikacycling.hateblo.jp
71kmに対して獲得標高を900mも稼げたので効率がいいライドだった。

4月4日

前日のライドが楽勝すぎたのでTOWステージ2に挑戦。
f:id:PikaCycling:20210502132528p:plain
そしたらまさかのALPE DU ZWIFT!
延々と続く上りに心を折られながらもどうにか完走。
f:id:PikaCycling:20210502132557p:plain
40kmに対して獲得標高は昨日と同じく900mなのでかなりの上り。
平日にチャレンジしなくて良かったぜ……。

3月4週のZWIFT記録

3月に入って外を走る機会が増えてくるとさすがにZWIFTする回数も減ってきた。
わざわざバーチャルで走らなければならないモチベーションが上がらないのが原因だろう。

減っては来たもののZWIFT側も「春になるとこいつら外で乗りやがるな」と気づくらしく、イベントが開催されたりしてなかなか解約するまでは至らなかったりする。
ただまあ、さすがに5月になったら解約して、乗りたくなったら他のサービスに手を出してみようかとも思っている。

日付 ワークアウト 走行距離 体重
3/22 (休息日) - 69.5kg
3/23 (休息日) - -
3/24 (休息日) - -
3/25 UKAF race night (C) 29.3km 70.2kg
3/26 Team Italy Release The Chain Ride (D) 31.6km 70.2kg
3/27 亀田半島一周ライド 89.8km 70.0kg
3/28 (休息日) - 70.9kg
一週間の合計 150.91km *+1.4kg

3月25日

月火水と3日休んでからのクリテリウム
f:id:PikaCycling:20210502123331p:plain
サボったというか、前の週に寒い中を走ったことによるダメージが大きく、鼻風邪気味だったので大事を取って休んでいた。
pikacycling.hateblo.jp
気温が低いと筋肉が固まって肩こりが厳しい。

3月26日

クリテリウムで必死に走るモチベが上がらず、まったりグループライドとしゃれこんだ。
f:id:PikaCycling:20210502124021p:plain
しかし先週と同じイベントだと、やはり気力が湧いてこない。
ワトピア界もかなり見飽きてしまって、海底トンネルも火山も新鮮味がなくなってしまった。
リアルライドでも目新しさを求めて色んな所を走っているというのに、いわんやバーチャルをや、といったところ。
そんな感じでサボっていると体重も増えてくるのだけれど、これはもう見ないふりをすることで決定w

3月27日

この日は亀田半島一周ライド。
pikacycling.hateblo.jp
リアルワールドは道はガタガタだし風は強いし車は走っているし危険がいっぱいだけど、やっぱりバーチャルに比べて段違いに楽しい。
今年は去年よりもコロナの猛威が酷くてあまり遠征もできないけれど、永六輔の「知らない横丁の角を曲がればもう旅だ」を合言葉に、近場を楽しんでいこうと思う。

新しい骨伝導ヘッドフォンAfterShokz Aeropexを買った

ずっと前から気になっていた骨伝導ヘッドフォンがセールで25%オフになっていたので、思わずポチってしまった。

妻が以前から家の中で踏み台昇降をする際にこのアフターショックスを使っており、かなり評判がいいので自分も買ってみることにしたのだった。
カラーはあえてレッド。
f:id:PikaCycling:20210426214144p:plain
黒いものばかりだと鞄の中に入れたときに見つかりにくくなる、というのもあるし、ヘルメットが赤だからカラーリングを合わせたというのもある。

以前に買った中華製のパチモノは、骨伝導とは名ばかりで耳元に小さなスピーカーが付いてるだけ、というものだった。

こーゆー風に、スピーカーのところに音が出る穴が空いているのはダメだね。
f:id:PikaCycling:20210426214206p:plain
自転車に乗っているときはいいけれど室内だと音漏れがやばい。
あと、通信の具合で伸び切ったテープみたいにスロー再生されたりするという謎の機能もある。

実際にアフターショックを使ってみると、さすがにパチもんよりはかなり良い。
前のは耳の直ぐ側にあるスピーカーから音を出しているだけなのでちょっと速度を上げると風切り声で聞こえなくなってしまったけれど、本物の骨伝導はきちんと風に強い。

さすがに下り坂になると
耳から入ってくる音>>>骨伝導で伝わる音
になるので聞き取れなくなるけれど、巡航域ならこれで十分。

試しにZWIFT中にも使ってみたけど、この場合は逆に外の音が聞こえすぎてNG。
室内で音がこもるから、普通のイヤホンで耳をふさいでしまったほうが快適だった。
その代わり、音楽をかけたままコンビニに入っても普通に買い物ができるくらい話し声が聞こえるのは利点だったりもする。

性能的には素晴らしいけれど、ネックは充電に専用ケーブルが必要なところ。
f:id:PikaCycling:20210426214231p:plain
しかもマグネットなので外れやすく、走行中にサドルバッグの中で充電とかそーゆーのは無理そう。

パチもんはMicroUSBが使えるのでだいぶ楽だったりする。
そういう意味では、200km未満のポタリングのときはアフターショックス、ブルベみたいな過酷なイベントでは(壊れてもいいように)パチもんと、ふたつを使い分けていこうと思っている。

函館市内ヒルクライムスポット巡り

北海道にも本格的なサイクリングシーズンがやってきて先々週から走り始めていて、そろそろ車に自転車を積み込んで遠出の時期ですかな、と思った瞬間に天気が悪いというタイミングの悪さ。
本当なら大沼公園あたりを走ろうと思っていたんだけど、夏ならまだしもこの肌寒い季節だと雨に降られたら完全に風邪を引いてしまう。
そんなわけで、最近作られた空港道路の周りをめぐるとともに、市内の山の中をぐるぐると駆け巡ってみることにした。

函館空港IC

空港の周りはインターチェンジの出口ができてかなり様変わりしてしまっていた。
travel.watch.impress.co.jp

もともとの道路の上に自動車専用道がドカンと作られたため、その脇に新しく側道ができた。
f:id:PikaCycling:20210426205810p:plain
車通りもほとんどないうえに道は新しいので、セグメントとして登録しようと思っている。

この側道がずっと続いていればいいんだけどそんなことはないので、しかたなく一般道に降りて日吉ICを目指した。

日吉IC

新しくできた道路はすでに車で走ったんだけど、眺めはいいし道は新しいし、自転車で走られないのが本当に惜しい。
f:id:PikaCycling:20210426210659p:plain
年に一度、自転車の日とかは自動車通行禁止にしてしまって、自転車に走らせたりイベントやらレースやらを開けばいいんじゃないかな。
そういうのがSDGsって言うんじゃないかな、知らんけど。

全然知らなかったけれど臨空工業団地線も新しくなっていて、山を削って橋を作ってかなり登りやすくなっていた。
f:id:PikaCycling:20210426211022p:plain

ここも休日ならば車通りが少ないので、ちょいとしたヒルクライムができそう。
f:id:PikaCycling:20210426211001p:plain

臨空工業団地クリテリウムとか開催できないかな。

四稜郭へ

この後は一旦下がってから東山を、七五郎沢の最終処分場を目掛けて再びヒルクライム
東山は頂上にはラブホテル街、中腹にはニュータウン、麓には墓園やゴミ処理場があって、ちょいとした人生の縮図となっている。

このまま東山墓園線を下ってしまうと街の中心部に戻ってしまうので、放光寺線(勝手に命名)を通って陣川に抜ける。
陣川という地名は「陣屋と川がある」のが由来なんだろうか、四稜郭という史跡がある。
f:id:PikaCycling:20210426211920p:plain
世界的にも有名な五稜郭とは違って、盛り土がしてあるだけの超絶地味な施設だけれど、トイレがあるのでサイクリストには助かる。
桜の木があるので花見の時期に登ってきてもいいかもしれない。

新中野ダム

陣川を下ったら赤川函館線を登って新中野ダムを目指す。
ここはSTRAVAのセグメントになっているので頑張りたかったんだけど、なにせ2つか3つくらい山を超えてきているため足が売り切れ気味なので、ノロノロと這い上がった。
f:id:PikaCycling:20210426211943p:plain
途中でガチっぽいローディに追い越されたけれど、気にしない気にしない。

裏夜景スポット

続きは未来大学までの坂を登って、四季の森公園の脇を進んでいった先にある裏夜景スポット。
f:id:PikaCycling:20210426212035p:plain
昼間だと地味だなあ。せめて晴れていれば……。

城岱スカイライン

このあとは函館新道の下道をえんえんと登って、城岱スカイラインの入り口を目指した。
f:id:PikaCycling:20210426212133p:plain
4月24日まで通行止めだってさ(知ってた
通行止め解禁になる4月18日には函館サイクリング協会主催の城岱ヒルクライムが開催されることになっている。
去年はコロナ禍でイベントが全然開けず寂しい思いをしたけれど、むしろその間にパワーアップもしたし、こちらの準備は万端とも言える。
イベントの模様はたぶん再来週くらいにアップされるかも。

七飯 大勝軒

そんな感じで本日の目的地である大勝軒に到着。


関連ランキング:ラーメン | 七飯駅

開店の11時に合わせて15分前に到着するようペース配分してきたんだけど、店の前にはすでに行列が。
ラーメンの種類は醤油ラーメン一択で、麺の量とトッピング(卵・ワンタン)の有無だけを選べるという男気仕様。
f:id:PikaCycling:20210426212205p:plain
これがまあめちゃくちゃ美味いわけですよ。
濃厚な魚介の出汁と、ほんのり香る柚子の香りの組み合わせが最高。
無化調のラーメンは喉が渇かないから、サイクリング途中に食べるのに向いているんだよねえ。
ずっと同じ味を食べてくると途中で味覚が麻痺してくるので、別盛りの卵にスープを足して溶いてから、つけ麺のようにして食べるとまた美味しい。
卵にラー油を加えて味変してもイケる。

函館市内も走れるところがいっぱいあった

そんな感じで、市内も臨空工業団地や東山、陣川あたりは結構自転車で走りやすくて良かった。
ローシーズンは市内近郊を走るのが無難でいいかもね。